ミネラルウォーター、天然水について色んな情報を探しては、書いていきます。


by hyunamuzik

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

おすすめリンク集

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

救世主求む!
at 2010-12-17 19:21
ボトルチェンジ
at 2010-12-14 19:14
小説みたいですね
at 2010-12-10 18:51
見てください!
at 2010-12-08 19:26
強風おそるべし
at 2010-12-04 18:32

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

救世主求む!

民主党の小沢元代表は、みずからの衆議院政治倫理審査会への対応を巡って岡田幹事長と会談し、司法手続きに入っていることを理由に出席しない考えを伝えました。このあと岡田氏は、記者団に対し、審査会で議決してでも出席の実現を目指す方針に変わりはないとしたうえで、来週、菅総理大臣と小沢氏が会談する方向で調整し、その結果を踏まえ、今後の対応を判断したいという考えを示しました。
                  (NHKニュースより)
記事詳細
http://www.nhk.or.jp/news/html/20101217/t10015920731000.html
こんなに卑怯な人が、いまだに影響力を持っている、この国の現状をどうにか出来る
素晴らしい力を持った人が現れないのでしょうか。
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-17 19:21

ボトルチェンジ

e0216047_1945594.jpg

上の写真は、未使用と使用済みの2本のボトルです。
左のボトルの上部にある、白いシールをぺりっとはがしてもらうと、右のように真ん中に穴が出てきます。
この穴に、ウォーターサーバー本体の突起をはめこめば、セット完了です。
手順自体はいたって簡単です。ボトルは、きちんと密閉された状態で、届けられるので衛生的にも問題
ないですよ。
 ただし、お水は少し重いですからお年寄りや子供さんだと、ちょっと大変かもしれません。
ボトルを持ち上げることの出来るかたなら、まず誰でもセットできるので、少し力持ちの方にセットしてもらう
ようにしましょう。
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-14 19:14

小説みたいですね

 裁判長は「疑わしきは被告人の利益に」と述べて判決を締めくくりました。鹿児島市で高齢の夫婦が殺害された強盗殺人事件の裁判員裁判で、鹿児島地裁は死刑が求刑されていた被告に無罪を言い渡しました。

 「やったーと思いました。出たと思いました。自分の本心は無罪を確信していました。ずっと」(無罪判決を受けた白濱政廣さん)
                          (TBSニュースより)
記事詳細
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4597287.html 
小説化されそうなお話ですね。
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-10 18:51

見てください!

e0216047_1924499.jpg
ついに、「大峯山 神泉洞の水」のウォーターサーバーが設置できました。
35cm四方の空間とコンセントがあれば、とても簡単に設置できるので、作業はすぐに終わりましたよ。

 温度調節も超簡単。取り付けてもらってから約1時間後、冷水・温水の両方ともに、とってもおいしく飲むことができました!

やっぱり、おいしいお水が、手元ですぐに飲めるというのは嬉しい限りですね。
喉元をすっと通り抜ける感じのまろやかさとスッキリ感、この感じは格別です。
コーヒーや紅茶も作って飲みましたが、昨日まで飲んでいた味とは全く違うように思います。

 正直、ここまで味が違うという実感を持っていなかったので、かなりのインパクトがあります。
いつも飲んでいるもので比較してみたほうが、このお水のおいしさがわかりやすいようです。
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-08 19:26

強風おそるべし

東北新幹線は4日、福島県の郡山―福島間で規制値(秒速30メートル)を超える強風を観測したため、午前11時15分から約2時間にわたり、東京―盛岡間の上下線で運転を見合わせた。
 この影響で上下線8本が運休、計22本に遅れが生じ、約1万7000人に影響が出た。          (YOMIURI ONLINEより)

それにしても、強風、本当に凄かったですよね。
記事詳細
www.yomiuri.co.jp/national/news/20101204-OYT1T00355.htm?from=navlp
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-04 18:32

水利権の問題

「水利権」を廃すれば水道水が買った水並みのうまさに
日本国内には「水利権」(河川や湖沼などの水を排他的に取水して利用できる権利)がある。

 日本は世界でも稀に見る「水の自給自足」ができている国だ。夏になると、よく福岡県福岡市や愛媛県松山市、香川県高松市は水不足になるが、山の反対側の大分県や高知県では水が余っている。しかし分水嶺と水利権の問題があるため、県や市町村という小さな単位にこだわって一切、水を回そうとはしない。
 
 まさに分水嶺が運命の分かれ目になっているわけだ。これは飛鳥時代の大宝律令(701年)にまで遡る問題なのだが、そんな狭い了見はもう捨て去って、水道事業を集約して広域化し、少なくとも道府県単位、できれば道州単位に再構築すべきだと思う。

NEWSポストセブンよりの抜粋です。
実現は当分先のことなんでしょうね。
記事詳細
ヤフーニュース
[PR]
by hyunamuzik | 2010-12-02 19:30